モノ造り大国日本は世界的にも有名である。
そして日本を支えているのは数々の加工技術である。
加工技術は大企業の工場、あるいは下町の小さな工場で生まれ、それが世界的にも有名になっている。
その加工技術を精密機器でする事によって、もっと細かくそして正確にその技術を施す事が出来る。

加工技術の一つであり、スリット加工という技術がある。
フィルムシート・紙・金属を均等に切断し、ロール状に巻き取るというものである。
この加工と加工を行う精密機器をスリッターと言う。
スリット加工された製品は、私達の身近に存在しているのである。
セロハンテープ、アルミホイル、食品の包装材、そして電気機器の内部の部品など様々である。

日本のスリット加工の歴史は二次大戦前まで遡る。
初めは紙製品の廃棄作業の一環として行われていた作業であった。
しかし、戦後この加工は次第に人々の暮らしに関わってくる事になるのである。
インスタントラーメンの普及によって包装関連の機器が成長していったのである。
企業が競い合い精密機器を開発していると、高度経済成長に突入し包装関連の市場は一気に成長する。
その成長にはスリット加工が大いに関わっている。
フィルムシートの加工には、持ってこいの技術だからである。
オイルショックを経て小ロットの生産中心となっても、それに対応出来たのも技術が成長した要因とも言える。
時代と共に成長していったスリット加工であるが、同時にそれを担う精密機器も成長を遂げたのである。

因みに縦に切断するのがスリットであり、横で切断するのはカットになる。

Voyage

短納期で高品質の製造を実現できるスリット加工ならこちらがお勧めです|ナニワ化工株式会社
短納期で仕上げてくれるから安心。精密機械加工は、実績の多い業者で依頼をするのが一番。各種加工の依頼を受付しているので問い合わせをしてみよう。